看護教員を目指す人へオススメの資格

jehgawe

教員免許は必要?

jehgawe
看護学校で看護師の卵である生徒や学生に
看護の技術や知識、看護師として働くための心構えなど
様々な事を教えるのが看護教員です。

教員として働くためには、一般の教師のように
ただ教員免許を取得すればよいというものではありません。

 

まず、看護師の国家試験に合格して資格を取得し、
病院などの医療機関で正看護師として
5年以上の臨床経験を積まなければなりません。

その後、看護教員養成研修という研修を
受講する必要があります。

 

看護大学や短大、専門学校では
この研修を受ければ教員になることができますが、
看護科を設けている高校の教員となるには、
一般の教員免許も必要
です。

 
 
 

研修は選ばれた人のみ!

また、教員養成研修は
誰にでも募集しているものではなく、
養成研修課程を設けている大学や
通信過程を利用したり

都道府県が主催している研修に
申し込んだりしなければなりません。

 

ただ、この研修を受けるためには選考があり
願書や資格証明、業務従事証明書の提出や
小論文や面接が行われたり、施設長の推薦が
必要になったりすることもあります。

看護師を目指す人材を指導する立場を目指すため、
看護師としても人間としても優秀であると
認められないと研修に参加することもできません。

 

常に努力してお手本になれるように
成長していかなければならないのです。

 
 
 

教える場所で変わる資格

efegdfe
ひとくちに看護教員といっても、
主に2つの道にわかれます。

まず、高校や短大あるいは大学で
看護を教える立場になる場合と、
専門学校で看護を教える立場でわかれてきます。

 

まず、高校で教える場合、
高等学校教諭(看護)の免許が必須で、
それにも普通免許、特別免許、臨時免許の
3種類があります。

また、短期大学や大学で教えるためには
大学で学士や修士などを取得していればよく、
教員免許を取る必要はありません。

 

しかし、看護教員となるには、
看護師や助産婦として5年以上の臨床経験を持ち、
かつ助手であれば学士以上の学歴を求められます。

さらに助教授や講師などは修士以上、
そして教授ともなると博士以上の学歴がないと
教員の募集に応募しても
採用してもらえない可能性のほうが高くなります。

 
 
 

養成講習も必要

他にも、看護専門学校の教員になる道も
上記とは少し違ってきます。

教員となるためには資格が必要で、
特定の養成講習を受けることを求められます。

 

これはおもに各都道府県が実施しているものです。
それぞれの都道府県によって
講習内容ややり方が違ってきます。

さらに、専門学校で専任教員となる人たちの多くが、
看護専門学校に就職したのちに、
この養成講習を受けて資格を取っています。