看護教員求人っていろいろあるって本当?

naiyou

 

naiyou一言で看護教員と言っても、
実はいろいろな働き方があるって知っていましたか?

学校に常に勤務する常勤採用の場合もありますし、
特定の講義だけを担当するといった、
非常勤講師という採用もあります。

 

准看護師を要請するコースや、
正看護師を要請するコースとでは、
やはり授業の内容なども異なっていますよね。

 

運営母体も様々です。

 

短大や大学、大学院といった研究機関、
学校法人が運営するケース、医療法人や医師会が運営するケース、
地方自治体が運営しているというケースもあります。

どのような運営母体なのかによっても、
実は働き方や給料、
必要になる条件などが異なる場もあるんですよ。

 

だいたい共通して必要になる条件は、
臨床経験が5年以上あること。
になってきます。

さらに、大学で教育課程を修め、
高校教諭免許の取得が必要、
厚生労働省の看護教員養成講習会の履修が必要など、
学校の種類によって変わる条件もあります。

 

臨床経験や免許、資格などの条件の他にも、
その人自身に関わる条件というものもあります。

臨床経験が5年以上あったとしても、
もしかしたらその臨床経験では
不足していると思われることもあります。

 

看護教員になるために必要な臨床経験というのは、
やはりより多くの看護師としての経験であるといえますよね。

成功した経験、失敗した経験、
後輩に指導した経験、先輩から教わった経験。
さまざまな経験を未来の看護師たちに伝える仕事でもあります。

 

学生を育てるためには、
やはり教えることが上手であることや、
しっかりと人に伝えることが出来る人であることが大切ですよね。