看護教員募集を見つける方法!

header

caution

看護教員の募集を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、看護教員の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、看護教員の求人募集を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは看護教員の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師募集が集まる人気の転職サイトです。「看護教員で働きたい!」「看護教員の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

看護教員の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 看護教員の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「看護教員の非公開求人」 が揃っています。

 

看護教員の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 看護教員の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護教員の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 看護教員求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution

2つの転職サイトに登録してもOK!

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ登録しておくと 看護教員の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは看護教員の募集は2つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに2つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計4つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


看護教員になりたいと思っても、簡単になれるということではありません。まずはその資格が必要となることがあるんですね。高校の看護科の場合、高等学校教諭(看護)の免許が必要となります。この免許を取得するには、大学で教育課程を修了するのが一般的となります。そのようにして取得した免許は普通免許となります。看護教員が不足していたり、看護師としての実績が高い場合、大学で教育課程を経なくとも、高等学校教諭(看護)の免許を受ける事が出来ることがありますよ。
これは特別免許や臨時免許といわれるものですが、これを得ることは難しいことでもあります。大学や短大、大学院のような看護師養成校の教員となるには、特に必要となる免許はありません。ですが、少なくとも学士以上の学歴が必要とされます。また、臨床経験が5年以上あることは必須となっています。助教や講師となるためには修士以上、教授の場合は博士以上の学位を求められる事になります。
看護師専門学校の教員となるためには、特別な講習会を受講しなくてはなりません。看護教員養成研修と呼ばれている講習会には、受講のための選考もありますよ。各都道府県によって実施され、それぞれの都道府県によって講習の内容や方法などが異なります。とはいえ、講習を受講するための条件として、臨床経験が5年以上あることや、施設長の推薦が必要となっていることがほとんどです。


看護教員として働く場合には、選ぶ学校によって選考基準が異なります。まず、基本的に必須とされていることは、臨床経験についてです。看護師の資格を取得し、実際に看護師として臨床現場で最低5年間は働いていなくては、看護教員として働く事が出来ないんですね。また、学校によっては必要となる選考基準が異なります。例えば、自治体採用となる場合、各都道府県が実施する看護教員養成研修を受講し、看護教員としての技術を身につける必要があります。
研修を行っている学校に通い、教員となる資格を取得するという方法もありますよ。看護教員は、看護師として新人看護師の指導を行うこととは異なる部分が多いんですね。教員として必要とされる資質を身につけることが大切になります。また、学生の能力を伸ばせるような指導力も必要となりますよ。
看護教員には、基本的に臨床経験が豊富な人材を採用する傾向が強くあります。教員を育てていく必要があることから、臨床経験が5年以上あり、研修の修了証があれば、教員として採用してくれるような専門学校もありますよ。看護師としての臨床現場とは、就業時間も異なりますし、その仕事内容も異なります。
看護師としてのキャリアアップという事を考えるならば、教員はキャリアを積み重ねたとは言い難い期間でもあります。「看護師として働きたい」「キャリアを積みたい」という看護師にとっては、向いていない可能性があるという事も、しっかりと頭に入れておく必要がありますよね。


学校の先生というと、教育課程の大学を卒業してそのまま先生になるというイメージがありますよね。ですが、看護教員となる場合には、大学を卒業したから先生になれる、ということではありません。基本的には、まず5年間以上は臨床現場で勤務することが必須となっていますよ。臨床の現場で働くからには、やはり看護師の国家資格も同じく必須となりますよね。実は、この臨床現場で働く事で得られる知識や技術が、とても重要になります。
実際に働いて得た経験などは、テキストでは教える事が出来ない、より実践的な講義を行うために必要となるものなんですね。看護教員になった後でも、看護師免許は有効ですので、看護師として職場復帰することも出来ますよ。その他、様々な職場で働く事も可能です。
最近では、看護師免許を持っているだけで勤務できるという職場は増えていますよね。献血ルームでの採血看護師や、訪問看護師、介護施設などでも看護師の需要が高まっています。小さな子供が好きという方であれば、乳児院で働くというのもいいですよね。看護師の資格があるだけでも、このように様々な職場で働く事が出来ます。一度、看護教員になってみて、教えることが大変・辛いと感じた場合でも、また別の道を選ぶことが出来ます。
もし、看護教員として勤務してみないかと誘いを受け、どうしようか迷っているというような場合には、一度挑戦してみるのもいいと思います。


看護師という仕事は、勤務年数が長ければ長いほど、やはり経験も豊富になりますよね。中には、病院に付属している看護学校などで、教員にならないかというお誘いがくることもありますよ。看護教員という仕事では、臨床経験のある看護師にしかできないため、人手不足となっている職場でもあるんです。たとえば、関東なら東京・神奈川・埼玉・千葉などは看護学校も多いですしね。
看護師として勤務していく中で、一つの新しいキャリアとして、看護教員になってみるということもおすすめですよ。看護教員として働く上で気になるのが、待遇だと思います。この待遇などは、働く事になる学校によって異なってきますよ。
看護教員となるには、ある程度定められた期間、看護教員養成研修というカリキュラムを履修しなくてはなりません。このカリキュラムを履修した後で、実際に教員として勤務することになりますよ。勤務条件としては、まず土日が基本的に休みとなります。ということは、週休2日制ということになります。学校ですので、もちろん夜勤はありません。関西の大阪・兵庫・京都・福岡などの看護専門学校でもほぼないでしょう。
実習などが入ると就業時間は変わるのですが、大体が朝8時から夕方5時くらいまでというのが一般的です。給料は、平均年収が約400万円前後となっており、賞与は年2回、大体2ヶ月~3ヶ月分が支給されますよ。看護学校の教員となるには、ある程度の費用や時間なども必要になりますので、その点は頭に入れておいてくださいね。

看護教員の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの看護教員 転職サイトを見る

 

インターネットで求人検索って必要?

hituyou

hituyou最近ではインターネットで求人検索をする。
という看護師さんも増えてきましたよね。

新しい職場の情報をより詳しく知ることが出来る。
というインターネットの転職サイトの場合、
自分で探さなくても担当者が探してくれるというメリットもあります。

 

場合によっては、
転職が成功するとお祝い金を貰えるといったサイトも有り、
利用価値が高いということで人気ですよね。

でも、この転職サイトはいろいろな会社が運営しています。
実はサイトによって、
登録されている情報が異なるというのはご存知ですか?

 

多くの看護師は一つのサイトではなく複数のサイトに登録する。
といいますが、この理由が、
転職サイトによって登録されている内容が違うから。なんです。

数多くの情報を得たい場合には、
やはり複数のサイトに登録することも重要ですよね。

 

看護教員のように、
看護師の求人全体から見ると少ないと言える求人は、
複数のサイトに登録して、幅広い情報を得ることが大切になってきます。

でも、いくつかのサイトに並行して
求人が出されているという可能性も、
ないわけではありません。

 

このような場合、どこのサイトから応募した方がより有利なのか。
という点をしっかりと考えて応募することも大切ですよね。

 

看護師の中にはインターネットは苦手。
という方もいますが、
インターネットが出来るだけでもかなり有利に転職をすることが出来ます。

まして、看護教員という決して多くはない求人に応募するのであれば、
インターネットを使った求人検索をするということは、
必要になりそうです。

インターネットで看護教員の求人を探そう!

sagasou

 

sagasou仕事を探すというと、
以前はハローワークに通って職探しをする、
求人情報誌などをチェックしてみる。

といった方法が多くありましたよね。

 

看護師の場合、
知人からの紹介などで就職をする
という方も多くみられるようです。

でも、なかなか条件面が合わない、
募集要項をチェックしても詳細が分からない
といった不具合などもあります。

 

正直言って手間もかかりますよね。

あまり手間をかけず、できれば自分に合った条件の仕事を探したいという場合、
インターネットのマッチングサービスや転職サイトなどを利用すると、
かなりスムーズに転職先を見つけることが出来るんですよ。

 

一般的な看護職であればそれでもいいと思うけど、
看護教員となるとなかなかないのでは?

と思うかもしれませんが、
実はハローワークは求人情報誌などよりも、
転職サイトなどの方が看護教員の求人は見つけやすいんです。

 

インターネットの場合、
全国というエリアから求人を探し出すことも可能ですし、
条件が合えば引越しを検討できる。

という人であればかなり広い範囲で求人検索もできますよね。

 

インターネットを使った求人検索は、
自分がどのような看護教員になりたいのかなどの希望に合わせて、
担当者が相談に乗り、求人を探し出してくれるというサービスもあります。

看護教員になりたい。
と強く思っている方であれば、
良い求人も探し出してもらえると思いますよ。

看護教員になるための条件ってあるの?

jouken

jouken看護学校で教える看護教員になりたい。
と思っても、条件に当てはまらなければ
求人自体に応募することもできません。

では、その最低限必要になる条件というのは、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

まずは看護養成講習会受講者または、看護臨床経験5年以上、
さらに採用予定日現在で60歳未満である。
とうことがあります。

これは国や地方公共団体、医師会、大学看護系学部や、
医療専門学校などがほぼ共通して掲げている条件になりますので、
この条件に当てはまらなければなりません。

 

教員採用試験には、これらの条件似合うことを、
しっかりと書類を提出して証明する必要もありますよ。

自筆の履歴書や看護師免許の写しなども必要です。

 

看護教員の仕事内容としては、
主に講義や実習の指導になりますが、
看護学生の生活指導などを行うこともありますよ。

 

勤務条件というのは、
働く学校施設によっても異なってきます。

 

看護学校の中には、
普段は社会人として働いている人が、
夜間に学ぶ学校もあります。

このような学校の場合には、
夜間に勤務する必要も出てきますよね。

 

学校なので基本的には土日祝日はお休みで、
長期休暇などもありますが、
実習の状態などによってはこの点に違いが出てくることもあります。

給料や賞与の支給額、各種手当なども、
勤務することになる学校によって、かなり違いもあるようですので、
実際に応募するときにはよく確認しておいた方が良さそうです。

看護教員求人っていろいろあるって本当?

naiyou

 

naiyou一言で看護教員と言っても、
実はいろいろな働き方があるって知っていましたか?

学校に常に勤務する常勤採用の場合もありますし、
特定の講義だけを担当するといった、
非常勤講師という採用もあります。

 

准看護師を要請するコースや、
正看護師を要請するコースとでは、
やはり授業の内容なども異なっていますよね。

 

運営母体も様々です。

 

短大や大学、大学院といった研究機関、
学校法人が運営するケース、医療法人や医師会が運営するケース、
地方自治体が運営しているというケースもあります。

どのような運営母体なのかによっても、
実は働き方や給料、
必要になる条件などが異なる場もあるんですよ。

 

だいたい共通して必要になる条件は、
臨床経験が5年以上あること。
になってきます。

さらに、大学で教育課程を修め、
高校教諭免許の取得が必要、
厚生労働省の看護教員養成講習会の履修が必要など、
学校の種類によって変わる条件もあります。

 

臨床経験や免許、資格などの条件の他にも、
その人自身に関わる条件というものもあります。

臨床経験が5年以上あったとしても、
もしかしたらその臨床経験では
不足していると思われることもあります。

 

看護教員になるために必要な臨床経験というのは、
やはりより多くの看護師としての経験であるといえますよね。

成功した経験、失敗した経験、
後輩に指導した経験、先輩から教わった経験。
さまざまな経験を未来の看護師たちに伝える仕事でもあります。

 

学生を育てるためには、
やはり教えることが上手であることや、
しっかりと人に伝えることが出来る人であることが大切ですよね。

看護教員はやりがいがある仕事です

yarigai

yarigai未来の医療を担う看護師を育てるという仕事は、
とても社会貢献度高い仕事ですよね。

それと同時に、とても重要な仕事とも言えます。

 

教え子たちがしっかりとした知識や技術を身に付けなければ、
国家試験をパスすることが出来ませんし、
看護師として自信を持った仕事をしていくことが出来ません。

自信を持つことができる教育として、
やはりより実践的な教育は必要です。

 

看護師としての実務経験が豊富な方は、
さまざまな成功体験、
そして同時に失敗体験なども経験してきたのではないでしょうか。

 

失敗した経験などは、
あまり人に言いたくない。

と思うかもしれませんが、
このような経験をしっかりと学生に伝えることで、
学生たちはより臨場感をもって学習をしていくことが出来ます。

 

看護師としての経験は、
資格では測りきれないくらい重要なものなんですよ。

 

超高齢化社会を迎えた日本は、
今後さらに看護師の需要は高くなります。

 

様々な分野で活躍することになる看護師たちを育てるというのは、
やはりとても重要な仕事になってきますよね。

医療をしっかりと支えることが出来る看護師を育て、
社会に送り出すというのは、
かなりやりがいもある仕事になると思います。

 

ぜひ、社会を支えることができる仕事ということで、
自信をもって取り組んでいただきたいと思います。

看護教員、こんな人は向いている!?

muiteiru

muiteiru未来の看護師を育ててみませんか?
ということで、看護教員の募集を行っている
という学校は少なくはありません。

教員募集は広く公募という形式で行われることもあり、
興味があるという方もいるのではないでしょうか?

 

でも、看護教員にも向き・不向きがあります。
もし、看護教員に興味があり、向いているかも、
という方であれば、一度チャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

向いているというのは、
まずは話し方が上手で、
教えることに長けている人です。

看護師として働いている中でも、
やはり後輩に指導をする場面というのはよくありますよね。

 

その時に、分かりやすく道筋をたて、
後輩に指導が出来る人は、向いていますよね。

 

臨床経験が長く、
さまざまな経験をしてきた人も、
看護教員に向いています。

看護師としての体験談は、
未来の看護師にとってとても貴重なものですよね。

 

曖昧な知識ではなく、
正確な知識を持つことが出来る人も向いていると言えます。

 

「この処置はこんな感じで大丈夫だと思うよ」
というようなあいまいさではなく、

「この処置はこのように行いましょう」
という正確な指導が、
看護教員として学生に教える場合には重要になってきます。

 

現役の看護師から教員になる場合には、
この正確な知識や技術を伝えやすくなりますが、
臨床を離れた人の場合には、ややこの点が心配という方もいるようですね。

その時には事前にしっかりと正しい知識や技術をおさらいして、
学生には正確な事を教えるようにすることが出来れば問題はありません。

 

公募情報があり、向いているかもと思う方は、
ぜひ応募を検討してみてくださいね。

人付き合いは思いのほか大切になる仕事

tukiai

tukiai看護教員は基本的に夜勤がない
日勤のみの仕事ですよね。

日中は主に生徒の指導に時間が取られる為、
実は同僚と過ごす時間は短く、
職場の人間関係に深く悩むということは少ないとも言われているようです。

 

ただ、人間関係が希薄というわけではなく、
積極的に人付き合いをすることが重要になるんです。

看護師時代にはあまり経験をしたことがない
退勤後の付き合いというものが大切になってきます。

 

中には飲み会などは苦手という方もいるかと思いますが、
看護教員になると意外に多いのが飲み会なんです。

どうしても日頃同僚同士でコミュニケーションをとることが出来ない分、
プライベートな部分でコミュニケーションを図る必要もでてくるんですよね。

 

教員という仕事は、どちらかというと人に教える都合上、
教え聞かせることが上手であることが重要。
と考える人が多いようです。

でも、実は教員という仕事は聞き上手であることが重要なんです。

 

生徒が分からないことなどを上手に聞き取り、
その上で教えるということが上手に人にものを教える。
ということになります。

これは同僚や上司とのコミュニケーションでもいうことが出来ますよね。

 

中には自分の意見だけをひたすら話す。
というタイプの方もいますが、その時にはとりあえず聞く、
そして相槌を打つことで「聞いていますよ」というアピールをすることも必要です。

特に年上の方であれば、
逆に生徒への指導方法を教えてほしい。

 

というように積極的に話をさせ、
聞くことに徹するようにするなど、聞くことを上手に行うと、
円滑な人間関係を築くことが出来ますよ。

勤務先でぜんぜん違う働く時間・内容!?

iroiro

iroiro看護教員として未来の看護師を教える仕事。
一言でいっても実はさまざまな職場がありますよね。

その職場によって、
実は働く時間や内容が異なる
いうことは知っていますか?

 

看護師を養成する学校は、
大きく分けると高校の看護科、看護専門学校、
看護短大や看護大学・大学院と3つに分けることが出来ます。

この3つは、看護教員としての採用条件などが違うだけではなく、
実際に職場で過ごす時間も異なれば、
看護教員として看護知識や技術を教える以外に
しなければならないことも異なってきます。

 

高校の看護科であれば、
授業以外にも生徒の活動も指導することになります。

看護専門学校は授業が中心、
看護短大や看護大学・大学院では研究を行ったり、
生徒の論文の評価なども行うんです。

 

一般的にイメージする
学校の先生のイメージに近いのは
高校の看護科ですよね。

ホームルームから始まり、
授業時間、部活や生徒会といった課外活動などの指導も行いますので、
働く時間も長くなりがちです。

 

短大や大学になると、そもそも残業とう概念がなく、
看護専門学校では実習の状態などによっても
勤務時間が変わってくる可能性もあります。

ただ、共通していえるのは、
夜勤はないということです。

 

日々の勤務時間などにはばらつきはありますし、
勤務内容なども異なります。

看護教員としての採用試験の望む前には、
どのような仕事内容なのか、
勤務時間なのかはしっかりと確認しましょう。

看護教員を目指す人へオススメの資格

jehgawe

教員免許は必要?

jehgawe
看護学校で看護師の卵である生徒や学生に
看護の技術や知識、看護師として働くための心構えなど
様々な事を教えるのが看護教員です。

教員として働くためには、一般の教師のように
ただ教員免許を取得すればよいというものではありません。

 

まず、看護師の国家試験に合格して資格を取得し、
病院などの医療機関で正看護師として
5年以上の臨床経験を積まなければなりません。

その後、看護教員養成研修という研修を
受講する必要があります。

 

看護大学や短大、専門学校では
この研修を受ければ教員になることができますが、
看護科を設けている高校の教員となるには、
一般の教員免許も必要
です。

 
 
 

研修は選ばれた人のみ!

また、教員養成研修は
誰にでも募集しているものではなく、
養成研修課程を設けている大学や
通信過程を利用したり

都道府県が主催している研修に
申し込んだりしなければなりません。

 

ただ、この研修を受けるためには選考があり
願書や資格証明、業務従事証明書の提出や
小論文や面接が行われたり、施設長の推薦が
必要になったりすることもあります。

看護師を目指す人材を指導する立場を目指すため、
看護師としても人間としても優秀であると
認められないと研修に参加することもできません。

 

常に努力してお手本になれるように
成長していかなければならないのです。

 
 
 

教える場所で変わる資格

efegdfe
ひとくちに看護教員といっても、
主に2つの道にわかれます。

まず、高校や短大あるいは大学で
看護を教える立場になる場合と、
専門学校で看護を教える立場でわかれてきます。

 

まず、高校で教える場合、
高等学校教諭(看護)の免許が必須で、
それにも普通免許、特別免許、臨時免許の
3種類があります。

また、短期大学や大学で教えるためには
大学で学士や修士などを取得していればよく、
教員免許を取る必要はありません。

 

しかし、看護教員となるには、
看護師や助産婦として5年以上の臨床経験を持ち、
かつ助手であれば学士以上の学歴を求められます。

さらに助教授や講師などは修士以上、
そして教授ともなると博士以上の学歴がないと
教員の募集に応募しても
採用してもらえない可能性のほうが高くなります。

 
 
 

養成講習も必要

他にも、看護専門学校の教員になる道も
上記とは少し違ってきます。

教員となるためには資格が必要で、
特定の養成講習を受けることを求められます。

 

これはおもに各都道府県が実施しているものです。
それぞれの都道府県によって
講習内容ややり方が違ってきます。

さらに、専門学校で専任教員となる人たちの多くが、
看護専門学校に就職したのちに、
この養成講習を受けて資格を取っています。